乃木坂46タイムズ

乃木坂46・欅坂46・AKB48Gのまとめブログです。
(コメント歓迎します。※管理人がコメントすることはありません。)
仕事で多忙のため、更新は不定期です。

  • Twitter
  • RSS

    齋藤飛鳥

    1:2015/02/18(水) 18:14:04.48 ID:
    同誌の専属モデル契約は、89年の創刊以来初めて。
    3月12日発売の4月号から登場する。
    齋藤は「よく読んでいる大好きな雑誌の専属モデルになれるなんて本当に夢のようです」と喜びを噛みしめている。


    ◆単独表紙を飾った2月号が完売

    齋藤が単独表紙を飾った2月号が好評で完売を記録。
    田所小巻編集長は「飛鳥ちゃんはCUTiEのモデルとしてはちょっと年齢が低いんですが、空気の読み方が上手なんですよ。
    スタジオの雰囲気とか衣装とか、こちらの意図を汲んで表情を作ってくれるから仕上がりがすごい大人。
    もちろんキュートな雰囲気は問題なくできるし、メイクばえもするので撮影のテーマに合わせてこれからいろんな顔を誌面で見せてくれると思います。
    女性誌のモデル特有の芯の強さもあると思いますし、すごい大物になってくれるような気がします」と話す。

    乃木坂46の1期生、最年少メンバーとしてグループに加入。
    グループ随一の小顔と、クールとキュートさがあいまったルックスで、男性ファンだけでなく、女性ファンからも支持を集める。
    2月号の反響で握手会に訪れる女性ファンがさらに増えたとの声も。
    田所編集長は「CUTiEは長い歴史の中で、時代によってジャンルを変えてきた雑誌です。
    今のCUTiEに齋藤飛鳥が入ったことがすごく重要で、ファッションの流行、カルチャー的な流行、それがうまく相乗効果を生み出してほしいです。
    時代ごとにCUTiEの顔になってきたモデルの中に飛鳥ちゃんが並ぶ日を楽しみに、一緒に成長していきたいと思います」と期待を寄せた。
    (modelpress編集部)

    ■齋藤飛鳥(さいとう・あすか)プロフィール
    生年月日:1998年8月10日
    出身地:東京都
    血液型:O型
    星座:しし座
    身長:158cm

    2011年8月、1期生最年少メンバーとして乃木坂46加入。
    12年2月に『ぐるぐるカーテン』でCDデビュー。3月18日発売の11thシングル『命は美しい』で選抜メンバーに抜てきされている。

    http://mdpr.jp/news/detail/1468496

    37:2015/02/18(水) 18:56:50.88 ID:
    >>1
    なんか生きてる感じがしない
    人形みたい
     
    8:2015/02/18(水) 18:24:01.91 ID:
    ななみんも相当顔小さいんだが、それ以上に飛鳥は小さいからなあ


    13:2015/02/18(水) 18:27:11.73 ID:
    あしゅりんしゅっしゅっ
    【【芸能】乃木坂46随一の小顔・齋藤飛鳥「CUTiE」専属モデルに抜てき 「大物になってくれる」と期待】の続きを読む

    1:2015/02/09(月) 11:31:49.30 ID:
    @uetsun_noginogi: 飛鳥史上最高のレポ
    もうほんと飛鳥しか見えない








    本人画像



    概要
    うえつんと名乗る有名ヲタが握手会で
    誕生日をモバメで祝ってと催促

    すぐさま「隅々まで埋める」というタイトルのモバメを送信
    本文は誕生日のお祝い・写メ・最後にハートマークを添える

    次の部でモバメを貰った報告に「送った~」とあしゅ


    仲間のTwitter時系列からも捏造でない事が確定してる
    【【悲報】乃木坂46齋藤飛鳥、私信でヲタの誕生日を祝うwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1:2015/01/24(土) 12:01:54.99 ID:
    (齋藤飛鳥のブログより)
     
    11枚目
    選抜として活動させていただきます
     
     
     
    アンダーライブが始まって
    有難い事にアンダーにもだんだんと注目が集まるようになって
    皆も、私も、色んな事が変わりました
     
    "乃木坂は層があついね"
    "アンダーって言い方嫌だよね"
     
    これってどういう事なんだろうって考えてました
     
     
    選抜とアンダーと研究生とでは活動内容やメディアの数など圧倒的に違いがあるものがあります
     
    その中で、長期間だったり
    全体のライブと同じキャパで だったり
    アンダーライブをやった事によって
    見えた可能性や希望がありました
     
    でもそれと同時に違和感を感じました
     
     
    誤解されることを覚悟した上で話しますが、ここからはあくまで個人的な考えです
     
     
    選抜と、アンダー(この場合は研究生も含みます)が切磋琢磨してお互い刺激しあって
    結果的に全体のレベルが上がるっていうのが理想に近いのかもしれませんが
     
    ここ最近の活動では、その色が強すぎたような気がします
     
     
    アンダーは、もちろんアンダーを大きくする為とか
    乃木坂は選抜だけじゃないんだよってわかってほしいからとか
     
    個々で違えどそういう気持ちをもって
    アンダーライブっていう与えられたチャンスを無駄にしないように必死に活動してきました
     
    全てをアンダーライブに注ぎました。
    だからこそ皆さんが熱くなってくれたし
    色んな方が注目してくださったし
    良いものがつくれたんだって思います
     
     
    それを観たり聴いたりした選抜の子が
    危機感を感じたとか、
    私たちもうかうかしていられないねとか
    そういう風に言ってくれた事によって
    私たちは頑張れた部分もあります
     
    すごく良い環境だったとおもいます
     
    でも私の悪い性格では、それだけでは終われなくってまた難しくかんがえてしまって...
     
     
    例えばアンダーが独立部隊として
    選抜よりまさってやる、選抜より注目されるんだ
    って気持ちだけでやるのはちょっと違うのかなって思います
     
    もちろんそういう気持ちも大切だし
    そういう風に考えるからこそ燃えるっていうのも人によってはあると思いますが
     
    それだけになってしまうのは
    違うんじゃないかなぁって思っていて。
     
    事実みんながそう思っていたのかは
    わからないけど、握手会でファンの方が
    伝えてくれたライブの感想とかを聞くと
    選抜とアンダーが
    完全に対立しているように見えていた方も
    割りと多かったみたいで
    私は一度迷ってしまいました
     
     
     
     
    乃木坂46である前に私は私で
    私が私である前に乃木坂46なんだなって
    実感したというか、、
     
    良くも悪くも乃木坂46が私の中で大き過ぎる。追いつけませんでした
     
     
    アルバムも発売して、
    11枚目という数字的にも
    乃木坂46の第2章が始まるような
    大事な時だと思います
     
    ここからは
    個の力をどれだけ出せるのか
     
    表現の仕方が違うかもしれないけど、
    個々の闘いだと考えています
     
    ただもちろん、グループとしては
    みんなで足並みを揃えて目標に
    向かっていかなければならない
    部分があると思います
     
     
     
     
    アンダーのフロントのほうが
    良いんじゃないか
    選ばれたのは嬉しいけど
    アンダーライブに出れないから複雑とか
    選抜に入っても前のほうじゃないから...とか
    そう思っているかたがほとんどだと思います
     
    今は忘れます
    その考えがよくわかるからこそ、
    今は気にするところじゃないです
     
     
    アンダーも力をつけてきているから
    正直今は誰が選ばれてもおかしくない状態
     
    ずーっと中途半端のままは やです
    自分には何が出来るのかわからないけど、
    約1年ぶりの選抜。
     
    このシングルは私にとって
    ターニングポイントになるんじゃないかと
    思います
     
    いやわからないけど。笑
     
     
     
    いつも支えてくださっている皆さん
    本当にありがとうございます
     
    大袈裟ではなく、
    皆さんの存在が無かったら
    私はここには居ないです
     
    これからもそばにいてくれたら
    嬉しいです
     
    ありきたりな事しか言えないけれど、
    ほんとうは大好きです
     
     
    11枚目、背中を押してほしい時が
    多いかもしれない
    甘やかしてほしいって
    いっぱい言うかもしれない
     
    (,,•﹏•,,)
     
     
    最近やたらツンデレって言われるので
    もうちょっと素直を心掛けます...笑
     
    もっと、
    応援したいって思ってもらえるように。
    飽きられないように...頑張ります
     
    http://blog.nogizaka46.com/asuka.saito/2015/01/022512.php
     
    これからは「個々の闘い」って言うことは卒業フラグってこと?

    2
    :2015/01/24(土) 12:07:53.20 ID:
    48系は最初から個々の戦いなんだが
      
    【齋藤飛鳥がブログで乃木坂46について持論を語る】の続きを読む

    このページのトップヘ