乃木坂46タイムズ

乃木坂46・欅坂46のまとめブログです。
(コメント歓迎します。※管理人がコメントすることはありません。)
仕事で多忙のため、更新は不定期です。

          
  • Twitter
  • RSS

    1:2015/03/26(木) 09:43:00.31 ID:
    修正無しでこれ
    27:2015/03/26(木) 11:54:52.36 ID:
    >>1
    左端に写っている可愛い生物
     
    【【乃木坂46】女優アイドル合わせて今一番綺麗なのは白石麻衣! 二番は橋本環奈!】の続きを読む

    1:2015/03/24(火) 09:45:48.75 ID:
    これが恋というものなのか
    たとえ毛が無くても腹が出てても人は誰でも恋に切なくなってロマンチストになるものなのね

    ハァ~(昨夜夜食ににんにくラーメン食って息が臭くてごめん(´・ω・`)
    15:2015/03/24(火) 09:59:13.69 ID:
    >>1
    一回握手に行ったら虜になるだろうなww
     
    2:2015/03/24(火) 09:46:52.56 ID:
    なぜ今頃

    3
    :2015/03/24(火) 09:48:26.64 ID:
    恋は突然にやってくるものだ
     
    4:2015/03/24(火) 09:52:00.52 ID:
     
    【【乃木坂46】44歳ハロヲタだが、最近秋元真夏が気になって切なくてタメ息ばかりついてるんだが】の続きを読む

    1:2015/03/24(火) 16:21:00.25 ID:
    これははしかん
    3:2015/03/24(火) 16:51:13.65 ID:
    天使感は飛鳥の方が上だと思う
    4:2015/03/24(火) 17:26:39.90 ID:
    いい勝負だ

    両方俺にくれ
     
    【【画像】橋本環奈 vs 乃木坂46齋藤飛鳥】の続きを読む

    1:2015/03/25(水) 10:27:09.91 ID:
    http://www.daily.co.jp/gossip/2015/03/25/0007851317.shtml
    アイドルグループ・乃木坂46の能條愛未(20)や中元日芽香(18)ら7人が結成した氣志團カバーバンド「乃木團」が24日、
    都内で行われた「受験サプリ」の卒業式イベントで、初コラボした。

     乃木團は、昨年4月の氣志團との対バンイベントで誕生し、テレビ番組やイベントでも演奏を披露してきた。

     この日は、乃木坂と氣志團のトーク中に乃木團が乱入し、共演を直訴。綾小路翔が受けて立つと、
    能條は「不良の血が騒ぎますね。ヨロシク!」と応じメンチを切り合った。
    氣志團のヒット曲「OneNightCarnival」を一緒に演奏。中元は「最高でした」と興奮し、綾小路も「このままツアーに行きたい」と喜んだ。

    画像
    5:2015/03/25(水) 10:40:13.40 ID:
    楽器はプロにしてお姉ちゃんボーカルにした
    乃木メタルでいいのに
     
    【【乃木坂46】能條愛未「不良の血が騒ぎますね。ヨロシク!」 乃木團と氣志團まさかの初コラボ実現】の続きを読む

    1:2015/03/25(水) 12:15:48.50 ID:
    日本アイドル史上最大規模となるオーディションを経て結成された「乃木坂46」結成から4年ーー。

    『週刊プレイボーイ』本誌で明かされる彼女たちのヒストリー、連載「乃木坂46物語」が始まった。

    今、初めて語られる、史上最強のお嬢さま系アイドルグループの秘蔵エピソード。

    第1回「少女たちが乃木坂を目指した理由」から「白石麻衣の告白(記事はこちら→http://wpb.shueisha.co.jp/2015/03/18/45230/)」に続き、生田絵梨花の告白を公開する。

    ***
    生田絵梨花は、ドイツのデュッセルドルフで生まれ、4歳からピアノを習い始めた音楽のエリートだ。
    古い記憶をさかのぼると、移動する車の中で常に歌を歌っていたという。


    「日本に戻ってきたのは5歳の時です。それで近くのピアノ教室に通い始めたんですけど、超スパルタで。
    練習や試験がすごく厳しい教室だったんですよ。だから、常に“やらなきゃ!”っていう気持ちで毎日必死に練習してましたね。

    ドイツにいた時は単純にピアノが大好きだったんですけど。小学校に入ってからは“練習をきちんとやらないと、
    全部自分に返ってくる”って、そういう気持ちになっていました。親も相当厳しかったと思います。
    やっぱり小さい子供って、親が厳しくないと伸びないので」

    「ピアノは、生活習慣のひとつ」という生田。「ずっと音楽に関わって生きていこう」ーー子供の頃からそう誓っていた生田が
    「ステージの上で演じる」ということに憧れを持ったのは小学1年生の頃だ。

    「音楽つながりで、ミュージカル『アニー』を見に行ったんです。
    そこで、自分と同じ年のコがステージに立ってキラキラしているのを見て、ミュージカルに憧れを持つようになりました。
    次の年、『アニー』のオーディションを受けたんですけど書類審査で落ちましたね(笑)」

    いつしか、少女の中では「ステージに立つこと」が大きな目標となっていった。

    ちなみに、彼女が習っていたのはピアノだけではない。

    彼女の一週間は、ほぼ習い事で埋め尽くされていた。習字にクラシックバレエ、英語。
    多くの習い事をかけ持ち、それらすべてで結果を出していた。まさに“天才少女”だった。

    そんなある日、たまたまつけていたテレビのニュースで、乃木坂46の募集を知った。

    「アイドルって、歌も歌うし、ダンスもする。ステージというところは同じだなって思えたんですよね。
    それに“1期生募集”っていうのに惹かれました。みんな一緒に始められるんだって。だったらここでチャレンジしてみようって」


    ●発売中の『週刊プレイボーイ』14号では「乃木坂46物語 第2回 『波乱の最終オーディション。選ばれた36人の少女たち』」掲載


    http://wpb.shueisha.co.jp/2015/03/24/45541/
    [2015年03月24日]

    http://wpb.shueisha.co.jp/2015/03/24/45541/images/0
    10thシングル『何度目の青空か』センターの生(いく)ちゃん。ピアノは全国コンクール入選でプロ並み

    2:2015/03/25(水) 12:16:40.39 ID:
    生ちゃん

    12:2015/03/25(水) 12:26:11.31 ID:
    座ってる時の姿勢で
    最近のアイドルらしからぬ育ちの良さが分かる
     
    【【乃木坂46】生田絵梨花、ドイツ生まれのエリート天才少女はなぜ乃木坂46を目指したのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ